頬やアゴにできるフェイスラインのニキビ

MENU

頬や顎のニキビができる大人ニキビの原因とは

大人ニキビは20才を超えて30代、40代にもできるニキビで主に10代にできる思春期のニキビとは少しできてしまう原因が異なるため吹き出物や大人ニキビと呼ばれています。

 

思春期の時期は成長ホルモンなどの影響で皮脂が過剰分泌しやすいのですが、徐々に皮脂分泌も落ち着いてきます。多くの方は皮脂分泌が落ち着くことでニキビは自然と消えていくものですが、それでもある時期からまたニキビがなぜかできてしまうのです。

 

それは皮脂の過剰分泌で毛穴を詰まらせてニキビができるのではなく、古い角質が固くなって毛穴を詰まらせることが原因なのです。

 

 

古い角質が毛穴を詰まらせている原因はずばり肌の乾燥です

角質が固くなってしまうのは乾燥によって肌の水分が不足してしまうことが原因で、ターンオーバーが乱れたりバリア機能が低下してしまうのも同じ原因です。

 

乾燥によって硬くなった角質は皮膚から剥がれ落ちにくくなり毛穴をふさいでしまいます。毛穴がふさがってしまうとたくさん皮脂が分泌されなくても毛穴の中にわずかにとどまってしまい、そこでニキビの原因菌が繁殖して炎症を起こして大人ニキビとなっていくのです。

 

大人になってもおでこや鼻筋近辺のいわゆるTゾーンにもニキビはできますが、皮脂腺が少なく乾燥しやすい頬や顎などもフェイスラインにニキビが多くできるようになったら、肌の乾燥を疑ってください。

 

乾燥肌は大人ニキビだけでなく様々な肌トラブルの原因

肌の乾燥は肌を守るバリア機能を低下させる原因にもなるので、乾燥肌の改善は大変重要です。Tゾーンはベタつくのにフェイスラインが乾燥する混合肌の方も保湿をしっかりすることでフェイスラインの乾燥を改善していけば自然とTゾーンのテカリも改善されます。

 

混合肌のしくみ

肌が乾燥している部分があると乾燥肌を保護しようと身体が皮脂が多く指令を出しますが、肝心のフェイスラインには皮脂腺が少なく、皮脂腺の多いTゾーンに皮脂分泌が増えてしまうためTゾーンだけがテカってしまい混合肌になってしまうのです。

 

フェイスラインにできる大人ニキビは保湿がニキビ改善のカギ!

10代の思春期ニキビは洗顔をしっかり行い、お肌を清潔に保つことが第一ですが、20代以上の大人ニキビは肌が乾燥しないように保湿を行ったり、ビタミンCなどのニキビの炎症を抑えたり美肌を保つために必要な有効成分を浸透させることで改善していきやすくなります。

 

もちろん、思春期のニキビと同様にニキビ用の洗顔は基本ですからしっかり行っていきましょう。

 

大人ニキビのケアにはやはりニキビケア化粧品を使うことが一番です。

ニキビケア化粧品には、ニキビ用の洗顔料をはじめ、保湿化粧水やニキビケアに最もおすすめな成分「ビタミンC」を配合した美容液などもラインに入っているので大人ニキビのケアには最適です。

 

しっかり洗顔したあとに肌をみずみずしく保つ保湿ケアを行うスキンケアを続けていれば、大人ニキビはもちろん毛穴の悩みや肌のくすみなども防ぐことができるので、保湿を怠らないスキンケアを続けていきましょう!

 

 

大人ニキビの洗顔料

ニキビ洗顔 関連ページ

毛穴ケア洗顔
大人ニキビは毛穴をきれいにすることで毛穴つまりを防ぎ、ニキビ菌の繁殖を防ぐことができます。毛穴ケア洗顔料のおすすめは洗浄力だけでなく毛穴の中まで入り込み汚れを落とせるタイプ!
生理前ニキビ 原因と治す方法
生理前にできてしまうニキビは女性ならではのホルモンバランスの乱れによって皮脂分泌が増えることによって繰り返しできてしまいますが、洗顔や保湿ケアで繰り返すニキビを予防することもできます。
40代以上の更年期ニキビ
40代から50代にかけて訪れる更年期にもニキビが出来てしまう場合があります。更年期ニキビは女性ホルモンが減少することで相対的に男性ホルモンの割合が高くなることでできやすいともいわれています。