毛穴ケア洗顔

MENU

毛穴洗顔におすすめの洗顔料

大人ニキビの毛穴は皮脂の分泌が少ないけれど硬くなった角質の影響で詰まりやすいため毛穴の中に皮脂が貯まりやすいのが特徴の一つです。毛穴が詰まっているとニキビの原因菌が繁殖しやすい環境になりやすいので、洗浄成分に加えサリチル酸などの殺菌成分が配合された洗顔料もニキビ洗顔に効果的です。

 

毛穴をきれいにするためには毛穴の中まで洗浄成分が入っていきやすい粒子の細かい洗浄成分がおすすめです。
ジェル状の洗顔料や洗浄成分にクレイを使用した洗顔料だとマッサージするようにして洗顔するので、毛穴の中に入っていきやすいため特におすすめです。

 

クレイ洗顔は界面活性剤ではないので肌にやさしいくて洗顔後も肌がもっちりしてすごく気持ちいいんですよ!!

 

界面活性剤を使用していないクレイ洗顔料は敏感肌の方のニキビケア洗顔料にはホントにおすすめ!また、ニキビが炎症を起こして痛い人もクレイ洗顔料なら刺激が少ないので毎日のニキビケア用の洗顔にぴったりです。

 

洗顔料の洗浄成分「界面活性剤」と「クレイ」の汚れ落としの違い

洗顔料の主成分ともいえる汚れ落とし成分には通常界面活性剤が入っています。これは石けん素地のような天然油脂から作られた界面活性剤と石油由来の界面活性剤があります。

 

どちらも合成界面活性剤ですが、石けん素地のような天然油脂のタイプと区別するため、石油系の界面活性剤を合成界面活性剤と呼ぶこともあるようです。

 

界面活性剤の働きは、もともと混ざることのない水と油を馴染ませて、混ぜることによって水で皮脂やメイクなどの油を洗い流すことです。
界面活性剤の効果は石油系のほうが安価で効果があるため、よてもよく使われていますが、石油系のものは肌への刺激が強いものがあるので注意が必要です。

 

それとは別にクレイを洗浄成分に使った洗顔料があります。
クレイ(泥)は埃や古い角質、メイク汚れや皮脂汚れと水を馴染めせるのではなく、磁石のプラスとマイナスがくっつく様な原理で吸着させて洗い流す働きがあります。クレイは水と混ざることでマイナスイオンを帯び、汚れや油などプラスのイオンを持つものと吸着する性質があるのです。

 

この効果を利用して、肌に石油系の刺激を与えることなく汚れや皮脂を落とすことができるのです。
また、クレイはとても小さな粒子で毛穴よりもはるかに小さいので簡単に毛穴の奥に入り込むことができるため、ニキビケアや毛穴ケアの洗顔料の成分としてとても相性が良いと言えます。

 

 

大人ニキビ 洗顔

ニキビ洗顔 関連ページ

頬やアゴにできるニキビ
大人ニキビは肌が乾燥しやすい頬の周辺や口回りの周辺、アゴニキビなどができやすい特徴があります。20代以上になるとなぜニキビができる場所が変わってくるのでしょうか?
生理前ニキビ 原因と治す方法
生理前にできてしまうニキビは女性ならではのホルモンバランスの乱れによって皮脂分泌が増えることによって繰り返しできてしまいますが、洗顔や保湿ケアで繰り返すニキビを予防することもできます。
40代以上の更年期ニキビ
40代から50代にかけて訪れる更年期にもニキビが出来てしまう場合があります。更年期ニキビは女性ホルモンが減少することで相対的に男性ホルモンの割合が高くなることでできやすいともいわれています。