思春期ニキビ 毛穴洗顔

MENU

思春期ニキビは毛穴の皮脂やニキビ菌をまず落とす!

思春期ニキビはホルモンバランスの影響などによって皮脂が分泌されやすいことが原因の一つです。適量の皮脂は肌を守るための天然の保湿クリームとも呼ばれるくらい健康な肌には必要なものですが、毛穴を詰まらせてしまうほどの皮脂はアクネ菌の温床となってしまうので、しっかり洗顔できれいに落とすことが必要です。

 

洗顔料の種類によっては、洗浄力が強く肌表面のベトベトした皮脂はさっぱり落とせますが、毛穴の中まで落とせなかったり毛穴の中までしっかり落とそうとすると強い洗浄力が仇となって肌の表面に必要な皮脂までも根こそぎ洗い落としてしまいます。

 

肌に必要な皮脂が無くなってしまうと、肌の水分が蒸発をはじめてカサカサになっていきますが、体は自然と肌がカサカサにならないようにさらに皮脂を分泌を増やしてしまうのです。すると、もともと皮脂のでやすいTゾーンなどの皮脂分泌料がさらに増えていくため、洗顔をしっかりしていてもギトギトの肌が繰り返されるのです。

 

 

洗顔後に保湿しないとまた皮脂が大量に分泌されてしまう

洗顔後の過剰な皮脂分泌を抑える方法のひとつが保湿です。
洗浄力の強い洗顔によって皮脂の過剰分泌を促してしまうことを説明しましたが、ニキビ専用の毛穴をきれいにする洗顔においても洗顔後に何もしないと皮脂の過剰分泌を促しかねません。そこで、洗顔後の肌の乾燥から守る保湿ケアが必要になってきます。

 

洗顔後にしっかり保湿することで皮脂の過剰分泌を防ぐことをはじめ、肌のバリア機能が強くなるのでニキビ菌の影響でできる思春期ニキビの予防にもつながります。炎症が起きてしまってもそれほど酷くならずにニキビが治りやすい肌になることもできます。

 

ある程度の年齢になると、「肌の乾燥=カサカサ肌」となるのですが、思春期の年代の肌の場合は「肌の乾燥=皮脂の過剰分泌を促しギトギトがひどくなる」というふうになりやすいので皮脂を抑えるためにも洗顔後の適切な保湿ケアを行うスキンケアをしていきましょう。

 

ニキビケア化粧品なら保湿も考えたスキンケアのセットになっている

思春期ニキビは洗顔だけで肌を清潔にすれば治ると思いがちですが、洗顔後の保湿ケアが大切だということがわかったと思います。

 

ニキビを予防したり、ニキビケアにおすすめのスキンケアのラインなら、毛穴をきれいにできる洗顔料だけでなく保湿化粧水やニキビの炎症を抑える美容液、クリームなどがセットになっているのでニキビが気になる方は使わない手はないでしょう。

 

スキンケアが面倒に感じてしまう方や男性には洗顔だけで保湿ケアまでできる思春期ニキビ用の洗顔料もあるので、このような保湿もできるタイプの洗顔料を選ぶのもアリです。

 

思春期ニキビがひどいときは寝ている間の塗り薬「ニキビ治療薬」も効果的

思春期ニキビはたくさん出来てしまうと鏡を見るのも嫌になってしまって、ニキビを早く治したい!と毎日憂鬱になってしまいますよね。
そんなニキビがひどくなっている場合は、ニキビ洗顔や保湿だけでなくニキビの塗り薬を寝ている間に使用し治療することも効果的です。

 

ニキビ治療薬はドラッグストアなどで手軽に買えるクレアラシルやビフナイトなども効果的ですが、心配な方は皮膚科へ行って診断してもらって薬を処方してもらうと安心です。

 

皮膚科医に薬での治療だけでなく、スキンケアの方法や食事などニキビの改善に効果的なことを聞いておくのも思春期ニキビを早く治すために有効なことを知る機会になります。

ニキビの塗り薬は油分を多く含むものが多いので、夜寝る前に薬を塗ったら翌朝はしっかり洗顔をして洗い流すようにしましょう。

 

思春期ニキビの洗顔

ニキビ洗顔 関連ページ

思春期ニキビができやすい人の特徴
思春期ニキビができやすい人とできにくい人がいますが、それはなぜでしょうか?理由を探っていきたいと思います。
洗顔シート・洗顔ペーパーはニキビには良くない!?
水を使わずに手軽に顔の汗や汚れをふき取れる洗顔ペーパーや洗顔シートはとても便利で気持ち良いですが、ニキビ肌の方は注意が必要です!